表面処理

金属部品の表面処理
  • グリーン表面処理-環境に優しいクロムフリーのGEOMET®表面処理技術プロセス

    光隆精密工業は、環境に優しいクロムフリーのジオメット®表面処理技術プロセスを採用しています。公式発表によると、ジオメット®は実用化30年を経て完成した防錆コーティング技術ダクロタイズド®をベースに、日油メタルコーティンググループの技術成果をもとに新たなクロムフリーコーティングを開発したのことです。RoHSとREACHの規格に適合し、国際的な環境のトレンドに合致しています。ジオメット®クロムフリーコーティング技術は、環境にやさしく、塩水噴霧試験と循環腐食試験のデータが優れており、優れた耐熱性と耐食性、アルミニウム電解腐食防止能力、コーティング密着性能、水素脆化の心配がなく、ジオメット®コーティングの上に追加のコーティングを施すことができる特性を備えています。

    ジオメット®表面処理技術は、1998 年に日本、アメリカ、ヨーロッパの自動車メーカーに初めて採用されました。トヨタ、ホンダ、日産、フォード、GM、VW、BMW、FIAT などのブランドがこのコーティングを腐食に使用しています。 保護。 クロムフリーの水性塗装技術により、鉄、鋳鉄からステンレス、アルミ、焼結金属まで幅広い材質に塗装が可能です。 無溶剤塗装のため、表面処理設備の使用を最小限に抑え、作業工数も削減でき、環境や現場に比較的優しい塗料です。

    ジオメット®は関連会社の登録商標であり、ロゴと内容は関連会社が所有します。
  • アルミニウム合金部品の表面処理

    アルミニウム合金部品の表面処理は、主にアルマイトと硬質アルマイトです。アルマイトは、電気化学の原理に基づいて、アルミニウムの表面に厚さ約 3 ~ 15 μ の酸化層の形成を制御します (硬質陽極酸化 15 ~ 30 μ)。アルミニウムの酸化を防ぎ、絶縁性、耐食性、耐摩耗性の特性を実現できます。アルミニウム合金部品は粉体塗装も可能で、他の表面処理と比較して、粉体塗装の物理的特性により、硬度、耐酸性、耐摩耗性が向上します。

    陽極酸化アルミニウム仕上げの CNC 機械加工アルミニウム部品
  • ステンレス鋼、炭素鋼、鋳鉄、部品の表面処理

    WKPT は、鋳鉄、ステンレス鋼、炭素鋼、その他の加工部品などの鉄系材料に対して、液体コーティング、粉末コーティング、電気メッキなどの表面処理サービスを提供しています。工場には液体塗装設備、オーバーヘッドコンベアシステム、下水処理システムが装備されています。

    また、金属部品の耐摩耗性、耐食性、疲労強度を向上させるため、サプライヤーと共同で最新の軟窒化技術を鋳鉄金属部品の表面硬化保護層の形成に適用しました。複数の表面コーティングは、コンポーネントの機械加工と統合されて製造プロセスに組み込まれています。また、近年は粉体塗装・粉体焼付け設備の増強も行い、乾式・湿式塗装技術と製造工程を密接に結びつけ、品質管理や納期面でお客様のメリットをより多く得られるよう取り組んでおります。

    液体コーティングは、特別な処方を使用して、複数回のスプレーで必要な表面の厚さを実現します

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件