半導体

WKPTは半導体製造装置の部品製造・改造を提供しています
半導体装置部品の製造

WSTS世界半導体貿易統計機構の2021年8月のデータによると、世界の半導体市場は世界経済の成長とともに徐々に拡大し、2000年の2,044億ドルから、2022年には6,065億ドルに達すると予想されています。しかし、半導体生産の発展地域には明らかな違いがあり、アジア太平洋地域は世界の半導体産業発展の重要な拠点となっている。

グローバルな半導体産業チェーンは、分業と協力の深いパターンを形成しています。関連国の半導体企業は高度な専門性を持っており、半導体製品の設計と製造において補完的な利点があります。半導体の開発優位性のある地域は米国、日本、台湾、中国です。米国はロジックチップの設計と製造装置において優位性を持っていますが、日本はアジア太平洋地域の半導体材料において卓越した研究開発力を持っており、台湾はウェーハの製造とパッケージング・テストにおいて主導的な地位を占めています。

半導体装置は、半導体製造業にとって重要な基盤です。半導体装置は主に製造装置と包装・試験装置の2つに分類されますが、その中でも製造装置は主にアニール炉、リソグラフィー装置、エッチング装置、イオン注入装置、薄膜堆積装置などのウェーハ製造に使用されます。包装・試験装置は、主にウェーハの包装と試験に使用され、ダイシングマシン、ブレーキング装置、ワイヤーボンダー、試験機、プローブステーション、選別機などが含まれます。

WKPTは半導体製造装置の部品製造と変換を提供します。当社の技術者と生産管理チームが、顧客の製造装置部品プロセスの交渉への参加型デザインを通じて、最適化製品と改善を提案します。半導体装置のプロセスの違いに対応して、特殊な仕様の部品が少数提供し、サンプルに応じて逆解析することができます。これにより、製品再製造の処理フロー、構造データ、と仕様を遡及的に取得できます。

当社のソリューションやサービスの範囲

WKPTはトータルソリューションプロバイダーとして、国内外の顧客にワンストップサービスを提供しています。当社が製造する製品は、半導体業界の中流や下流の部品で使用されています。これまでの実績では、ブランクの全切削加工の代わりに、鋳型成形(例:重力鋳造、ダイカスト、ロストワックス鋳造など)を採用してきた。従来の多工程研磨プロセスをより適切な加工プロセスに置き換えます。また無電解ニッケルで従来のメッキ制法をアップグレードして、顧客に有利な価格と納期を取得します。

その他
半導体実験室における電子顕微装置の部品

半導体製造装置-自動化システム制御ロボットアーム部品
近日中に内容追加予定です。是非、楽しみにしていただければと思います。

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件