加工技術

機械部品の精密加工技術

金属加工技術は、産業、科学、冶金を組み合わせた幅広い専門用語です。それは文化、人種、文明、芸術を統合する重要な成就です。人間の最も古い金属加工技術は、ハンマーとアンビルのハンマーで始まりました。人間が溶融金属を型に流し込む鋳造プロセスを学んだのは、紀元前 2500 年のことでした。新石器時代と青銅器時代のインスピレーションの後、紀元前 1400 年頃、人間は鉄器が青銅器よりも優れた耐摩耗性と機能を備えていることを発見しました。したがって、鉄鉱石は各種類の冶金炉の設計と高温制御技術を通じて、いろんな農具や武器に広く使用されています。この時代は人類文明の「鉄器時代」と呼ばれ、金属加工の重要な時代となった。

産業革命後の加工技術の多様性

機械工具が普及する前の近代まで、金属加工はノミ、ハンマー、ヤスリ、のこぎり、ペンチなどの手作業に限られており、難易度が高く、精度も低いものでした。産業革命が起こり、エネルギーが蒸気ボイラーから得られるようになってから、機械の力で機械加工を行うことが一般的になりました。金属加工もフライス加工、旋削加工、研削加工、中ぐり加工などに分けられ、多様な工作機械も開発されています。たとえば、フライス盤は万能フライス盤、立形フライス盤、横形フライス盤に分けられ;旋盤には普通旋盤、テーブル旋盤、立旋盤、自動旋盤があります。

コンピュータで進化した精密加工技術

コンピュータの発明と進化の後、計算能力を備えた高精度のCNC加工ツールが開発されました。加工精度は 1 ~ 0.1 ミクロン (µm) の範囲、表面粗さ (Ra) は 0.1 ~ 0.01 ミクロン (µm) の範囲を達成でき、精度と表面粗さの限界は継続的に改善されています。現代の精密機械加工技術では、精度を確保すること以外に、累積公差を回避する方法、加工効率を向上させる方法、そして表面処理技術を統合する方法はすべて機械加工プロセス中に克服する必要がある問題です。

合計 6

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件