商用車、車両部品の輸送

重量車業界は光隆精密工業を選ぶ理由は何ですか?

WKPTは台湾で商用車向けの加工部品の最大のサプライヤーです。

WKPTは、台湾で商用車向けの加工部品の最大のサプライヤーです。主な製品には、商用車のシャシーアクスル(ブリッジ)用のショックアブソーバーブラケット、取り付けブラケット、トーションプレート、ギアボックスハウジングが含まれます。また、ブレーキシステム用のブレーキキャリパー、ブレーキブラケット、ブレーキパッド裏板、スラストプレート、およびホイールハブも取り揃えています。

実績

10
150 加工事例

アドバンテージ

経験

30年以上の商用車部品製造経験を持ち、世界的に有名な商用車メーカーに長期間安定した供給を行い、一貫した部品成形加工製造サービスを提供しています。

顧客

当社の商用車部品加工は、CUMMINS、NAVISTAR、Haldex、およびVolvoなどの世界をリードするメーカーに広く認知されています。

技術

当社は、新しい商用車部品の開発において顧客と協力する技術的な能力を持っています。また、電気自動車のトレンドに対応して、電気バス用の電子ブレーキ部品、サーボモーターハウジング、トランスミッションギアボックスハウジング、およびドライバーハウジングなどの関連部品の開発も提供しています。

品質

当社は、ISO 9001:2015およびIATF16949品質管理システムで認証されており、世界の自動車産業の品質基準を満たす商用車部品を提供しています。

環境保護

燃料を使う車両からの排出による大気汚染を減らすため、車両設計のトレンドは軽量化に向かっています。電気自動車や天然ガス車などの代替エネルギー車両も盛んになっています。これに応えて、当社では軽量アルミニウム合金車両部品の製造プロセスを開発し、電気自動車および天然ガス車のセクターでの事業拡大に積極的に取り組んでいます。

サービス

当社の経験豊富な英語と日本語を話す営業担当者は、商用車部品の設計から製品の配送まで、フルサービスのサポートを提供できます。加工という当社のコアサービスに加えて、調達管理を効率化するための関連製造および後処理技術も提供しています。

実績

    材料別

    鋳鉄材料とは、炭素含有量が2.11%を超える鉄-炭素合金のことで、鋳鉄と呼ばれる。炭素の他に、シリコン、マンガン、少量の硫黄やリンなどの元素があります。

    アルミニウム合金は、アルミニウムベースの合金の総称です。 主な合金元素は銅、シリコン、マグネシウム、亜鉛、マンガンであり、マイナーな合金元素はニッケル、鉄、チタン、クロムなどです。アルミニウムは、地球上で酸素、シリコンに続き、密度が鉄の3分の1で、金、銀、銅に次いで4番目に高い導電性金属だ。

    常に白鉄と呼ばれる「ステンレス鋼」は、耐食性鋼材の一般的な通称で、正確には鋼液中のクロム(Cr)含有量が12%以上の鋼材をステンレス鋼と呼ばれる。

    炭素鋼は、炭素が添加された鉄合金、つまり鉄-炭素合金です。 炭素鋼とは、炭素含有量が0.02%以上2%未満(2%以上は鋳鉄、0.02%未満は熟鉄と呼ばれる)、最も生産量が多く、その他の元素がほどんとないの金属材料である。

    加工技術

    WKPTは商用車部品の製造サービスを提供しており、鋳鉄(砂型鋳造)、アルミ合金(重力鋳造、ダイキャスト、インベストメント鋳造、鍛造、押出し)や鋼などの材料を利用しています。成形に加えて、精密加工、表面処理、組立、およびテストを含む包括的な加工プロセスも提供しています。

    輸送業界は、物流や交通輸送に関連するタスクを遂行するために商用車に頼っており、安全性がほとんどの期待にとって主要な関心事です。商用車の部品は、スムーズな動作を確保し、不必要な摩耗を最小限に抑えるために厳しい許容差に従う必要があります。商用輸送の要件を満たすために、WKPTは、輸送業界の部品に必要な厳密な許容差と表面粗さを満たすCNC精密加工プロセスを開発しました。WKPTは、最大1µmの精度の加工能力とRa0.2µmの表面粗さを備えており、商用車向けの必要な部品を供給しています。

    安全性に加えて、耐久性も商用輸送業界の関心事です。したがって、商用車の部品は耐久性の期待を満たす必要があります。商用車部品の耐久性を向上させるには、熱処理や表面処理が必要です。熱処理によって機械的特性を向上させたり、塗装処理によって錆の抵抗性を高めたり、めっき処理によって表面の耐摩耗性を向上させたりすることができます。WKPTは、成形や加工に任された商用車部品に追加の耐久性価値を提供できます。

    関連記事

    光隆精密工業は、プロセスのアップグレードを通じて炭素削減を達成し、グローバルグリーン・サプライチェーンの要件に準拠
    研磨加工
    ロボットアーム【加工】
    合計 3

      オイルポンプのスワッシュプレートは、一般的な切削センターでは対応できない厳しい寸法要件があります。顧客の図面要件に合致するためには、熱処理による硬度向上と研削工程が必要です。三次元計測ではできない箇所には非接触測定が使用されます。

      排気ガスマニホールド、EGR(排気ガス再循環)ボディ、または自動車のセカンダリーインテークマニホールド、セカンダリー排気ガス上部マニホールド。部分的な製品の形状とサイズは重力鋳造のアルミニウム合金で形成されます。

      ギアボックススピンドルは、高温で過酷な環境で使用されることが多く、ギアボックスの特性は安定している必要があるため、材料と精度の要件も非常に厳しくなります。自動車産業が要求する0欠陥率のため、WKPTは台湾で最初のギアボックススピンドルのスマート製造ラインを設立しました。機器ネットワークのデジタル化、自動ディスパッチ、自動パラメータ、自動精度補正などのリアルタイムコンピューティング技術が製造ラインに導入されています。これにより、製造ラインの使用率と製品の生産歩留まりを効果的に向上させることができます。

    このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件

    オンラインですぐに見積もりと製造分析を入手できます