輸送車両

WKPTは台湾における商用車用の金属加工部品の最大のサプライヤーです

WKPTは、台湾における商用車用の金属加工部品の最大のサプライヤーです。生産された商用車部品は、工場内の輸送車両の総部品の7割を超える。主要部品は、商用車シャーシの車軸用の衝撃吸収ブラケット、取り付けブラケット、ねじり板や減速機ハウジングです。ブレーキシステムのブレーキキャリパー、ブレーキブラケット、ブレーキパッド背面板、スラストプレート、ホイールハブなど。当社は鉄鋼、アルミニウム、鋼の機械加工、表面処理、熱処理などの多材料、多様な製造プロセス、ブランク成形技術を持ち、お客様と共同で新製品を開発する技術を持っています。
製品は主に輸出して、CUMMINS、NAVISTAR、HALDEX、VOLVOなどの主要ブランドに認定されて、自動車業界でIATF16949認定の高品質メーカーです。

環境・省エネにおける輸送車両の重要課題

輸送車両(商用車)は各国の経済発展において重要な役割を果たしているが、輸送車両の炭素排出量は、地球温暖化の主因の一つとなっている。現在、全世界が気候変動の課題に直面しており、環境保護と省エネは人類の生存にとって重要な問題となっています。輸送車両(商用車)の重量は、エネルギー消費量に影響を与えます。このため、車両の重量を減らすことで、燃料効率を効果的に改善し、車両運転中の二酸化炭素排出量を削減し、気候温暖化の原因を減らすことができます。

汚染を減らすための技術と高強度材料

燃料効率を改善すると重量を減らすために、輸送車両は汚染を減らす技術と高強度の材料をさまざまな部品に使用します。WKPTは、高強度ダクタイル鋳鉄、ADI鋳鉄、鍛鋼、アルミニウムなどの材料工法を、ターボハウジング、高強度ブラケット、EGR部品などの様々な製品に適用しています。また、精密旋削、フライス盤、熱処理、表面処理、溶接、組立などのワンストップカスタマイズサービスを提供し、品質を正確に管理し、輸送車両の省エネと環境保護に貢献します。

電気自動車関連部品開発

世界の自動車産業が電気自動車の方向に発展するにつれて、世界のほぼ128か国が、2050年までに正味ゼロ排出量を達成すると発表しており、ほとんどの国も2040年までに燃料車の販売を販売を全面禁止する見通しだ。この傾向に対応して、WKPTは、電気バス電子ブレーキコンポーネント、サーボモーターハウジング、ギアボックスハウジング、アクチュエーターハウジング、ディファレンシャルハウジング、インバーターハウジング(DC-ACコンバーター)などの電気自動車関連部品の開発にも投入している。

合計 2
    オイルポンプのスワッシュプレートは、一般的な切削センターでは対応できない厳しい寸法要件があります。顧客の図面要件に合致するためには、熱処理による硬度向上と研削工程が必要です。三次元計測ではできない箇所には非接触測定が使用されます。

    ギアボックススピンドルは、高温で過酷な環境で使用されることが多く、ギアボックスの特性は安定している必要があるため、材料と精度の要件も非常に厳しくなります。自動車産業が要求する0欠陥率のため、WKPTは台湾で最初のギアボックススピンドルのスマート製造ラインを設立しました。機器ネットワークのデジタル化、自動ディスパッチ、自動パラメータ、自動精度補正などのリアルタイムコンピューティング技術が製造ラインに導入されています。これにより、製造ラインの使用率と製品の生産歩留まりを効果的に向上させることができます。

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件