風力グリーンエネルギー

WKPTは風力ブレーキシリンダーブロックの唯一のサプライヤーであり、台湾の風力発電の割合に貢献している
WKPTは風力発電地域化に積極的に参加している。将来的には、国内の洋上ウィンドファームを輸入して運用実績を上げ、エネルギーを蓄積して国際的な風力発電サプライチェーンに参入することが期待されています

2015年の気候サミットで国連が採択した気候協定は、世界が共同で地球温暖化の傾向を抑制できることを期待しています。各国は、2050年までに世界のカーボンニュートラル目標を徐々に達成することを約束します。グリーン低炭素のエネルギーの開発は、世界のすべての国のエネルギー転換における重要な瞬間です。その中で、風力発電の発展と風力発電設備の関連部品の開発は、経済成長と産業のアップグレードと変革のための新しい機会をもたらす可能性があります。WKPTは台湾で唯一の風力ブレーキシリンダーのサプライヤーです。風力タービン用ギアボックス、ヨー(ディスク)ブレーキシステム部品、緊急(ディスク)ブレーキシステム部品、油圧システム、ブレーキシステムのベースやその他の部品を製造します。風力発電設備メーカーやティア1のサプライチェーン部品製造ソリューションを提供します。

-20℃の低温衝撃に強いダクタイル鋳鉄

近年、風力タービンの主な用途は陸上風力発電から洋上風力発電へと徐々に変化しており、台風やモンスーン波などの極端な気象条件に対応して、風力発電部品の材料選択が厳しくなっています。そこで EN-GJS-LT よりも低温耐衝撃性に優れたダクタイル鋳鉄を開発しました。低温衝撃ダクタイル鋳鉄材料は、低温でも衝撃靭性が高いため、-20°C以下の低温環境でも正常に動作します。また、-40°Cから-60°Cの条件下で高靭性ダクタイル鋳鉄の開発を続けています。鋳物の品質は、設備の安全性、品質、寿命に決定的な影響を与えるのものです。

国際防塩スプレー防食コーティング

洋上風力発電施設は、高塩分環境と水中環境(スプレーゾーン/潮間帯/水中ゾーン)にあり、部品コーティングの耐食性は、塩水噴霧のISO12944 C3M/C4H国際防食コーティング仕様に準拠しています。耐用年数40年以上のコーティングフィルムの性能は、40年間の海洋大気環境の暴露試験に相当します。長年にわたり、ISO 9001とIATF16949の管理モードに基づいており、顧客と共同設計(collaborate design)と開発を行い、優れたプロセス設計と安定した加工精度を備えた精密部品製造を顧客に提供してきました。

合計 1

    WKPTは台湾で唯一の風力タービンブレーキシリンダーの供給業者です。風力タービン部品の材料選択は非常に厳格です。風力タービンのブレーキシステムは、EN-GJS-LTよりも優れた低温衝撃耐性を持つダクタイル鋳鉄材料で作られており、摂氏0度以下の低温でも作動することができます。さらに、ワークピースは重く、大規模な加工設備で加工する必要があります。ワークピースの寸法要件は厳しく、長くて深い穴があり、特殊な工具で加工する必要があります。

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件