建設機械

建設機械(クレーン、ブルドーザー、掘削機など)

建設機械には、油圧掘削機、ブルドーザー、グレーダー、ホイールローダー、ダンプトラック、クレーン、土工機械、鉄筋コンクリート機械、杭打機械などがあり、ギア伝動、ベアリング、カップリング、油圧伝動、重機部品などがあります。土石建設機械(掘削、輸送、積み込み)、コンクリート建設機械(砕石、混合、輸送)、杭打ち建設機械(打設、掘削、グラウト)、トンネル掘削(発破、掘削)やその他の建設作業で広く使用されています。WKPTは、サプライチェーンを統合し、鋳鉄、アルミ合金、ステンレス鋼、炭素鋼とその他の材料の最適化された処理のための製造技術を提供します。サービス対象には、日本、米国、英国、その他の国で有名な重機械企業が含まれ、例えば小松、住友、久保田などの大手メーカーやこれらの企業のティア1サプライヤーなどがあります。

建設機械部品と環境保護

世界の環境保護の要件を満たすために、建設機械は、運転中の化石燃料の損失を減らし、エネルギー変換効率を改善する必要があります。新世代の建設機械やその部品は、エンジンの大気汚染物質の排出低減、油圧システムの効率向上、衝撃吸収、騒音低減などの方面から始める必要があります。

EUと日本に準拠非道路移動機械の排出ガス環境保護規制

現在、WKPTが販売する建設機械関連部品はすべて欧州連合(EU)2016/1628と日本の「オフロード法」非道路移動機械排出ガス環境保護規制に準拠しており、材料もIMDS(国際材料データシステム)対応で各国の環境規制に対応している。建設機械の仕様に応じて、ねずみ鋳鉄、ダクタイル鋳鉄などの高強度・高伸び率の材料に対応し、精密旋削・フライス加工、熱処理、表面処理、溶接、組立などなどの「トータルソリューションサービス」を提供します。大、中、小、マイクロの建設機械部品を問わず、当社は金属加工・成形の豊富な経験を持っています。

合計 3
    オイルポンプのスワッシュプレートは、一般的な切削センターでは対応できない厳しい寸法要件があります。顧客の図面要件に合致するためには、熱処理による硬度向上と研削工程が必要です。三次元計測ではできない箇所には非接触測定が使用されます。

    建設機械は過酷な環境で動作する必要があり、エンジンフライホイールには高温耐性と高強度の要件があります。このような制品の特性に対応して、制造には構造がしっかりしていて、かつ材質が強い材料を考慮する必要がある。優れた組立性能を維持するために、加工面と鋳造面には特に厳しい要件があります。鋳造不良判定基準と平坦度を高い基準で検査し、またプロセスを正確に管理して、精度要件を満たすように表面粗さを制御します。

    建設機械は、高温で過酷な環境で動作することが多く、その中の油圧制御コンポーネントは、上下に移動する掘削機の負荷に耐える必要があるため、油圧シリンダーには比較的高い耐圧能力が必要です。このような製品特性は、構造的に強いダクタイル鋳鉄材料に適して、内部漏れの原因となる鋳造欠陥は許容されません。また、動作安定性を向上させるために、同心度や表面粗さなどの製品加工精度の標準要件は非常に厳しくなります。高精度の機械加工仕様を確実に満たすために、製造プロセスはすべてのステップを正確に実行する必要があります。

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件