建設機械部品

建設業界は光隆精密工業を選ぶ理由は何ですか?

次世代建設機械の製造部品を作るには、エンジンの空気汚染排出を考慮しながら、同時に衝撃吸収効果や騒音低減効果を実現するために油圧システムの効率を向上させる必要があります。

建設機械は、稼働中の石油化学燃料の燃料消費を減らし、エネルギー変換効率を向上させる必要があります。次世代の建設機械と部品は、設計と製造においてエンジンの空気汚染物質の排出を減らすことに焦点を当てるべきであり、油圧システムの効率、衝撃吸収、騒音低減を向上させることを目指しています。光隆精密工業は、鋳鉄、アルミ合金、ステンレス鋼、炭素鋼などの材料に対する最適化された加工技術を提供し、建設機械部品に対するワンストップ対応の加工サービスを提供するために、サプライチェーンを統合しています。

実績

20
60 加工事例

アドバンテージ

経験

建設機械部品の製造において30年以上の経験を有し、欧州、日本、アメリカなどの有名な重機メーカーにワンストップ対応の部品加工サービスを提供しています。

顧客

当社の顧客には、小松製作所、住友建機、クボタなどの主要メーカーとそれらの一次サプライヤーが含まれています。当社は高強度、高延性、高精度の部品を製造しています。

品質

ISO 9001:2015、ISO 14001、IATF 16949の認証を取得しています。

環境保護

当社の建設機械部品製造は、EUの2016/1628規則と日本の「オフロード法」に基づく非道路移動機械の排気排出に関する規制に適合しています。また、材料はIMDS(国際物質データシステム)と互換性があり、異なる国のさまざまな環境規制に対応しています。

技術

建設機械の仕様に適合するために、アルミ合金、鋼、鋳鉄、ダクタイル鋳鉄などの高強度、高延性材料を扱い、精密旋盤加工、フライス加工、表面処理、溶接、組立など一貫生産で提供できます。

サービス

経験豊富な英語と日本語を話す営業担当者が、製品の設計から納品までのフルサポートを提供します。加工だけでなく、関連する製造および後処理技術も提供し、調達管理を効率化します。

加工事例

    材料別

    鋳鉄材料とは、炭素含有量が2.11%を超える鉄-炭素合金のことで、鋳鉄と呼ばれる。炭素の他に、シリコン、マンガン、少量の硫黄やリンなどの元素があります。鋳鉄は通常銑鉄、スクラップ鋼、鉄合金などをさまざまな比率で製錬することによって作られます。

    アルミニウム合金は、アルミニウムベースの合金の総称です。 主な合金元素は銅、シリコン、マグネシウム、亜鉛、マンガンであり、マイナーな合金元素はニッケル、鉄、チタン、クロムなどです。

    常に白鉄と呼ばれる「ステンレス鋼」は、耐食性鋼材の一般的な通称で、正確には鋼液中のクロム(Cr)含有量が12%以上の鋼材をステンレス鋼と呼ばれる。ステンレス鋼は鉄を基本材料として、12% 〜 30%のクロムおよびその他の合金元素を添加して製錬した高合金鋼の総称です。

    炭素鋼は、炭素が添加された鉄合金、つまり鉄-炭素合金です。 炭素鋼とは、炭素含有量が0.02%以上2%未満(2%以上は鋳鉄、0.02%未満は熟鉄と呼ばれる)、最も生産量が多く、その他の元素がほどんとないの金属材料である。

    加工技術

    光隆精密工業は、建設機械部品のためのさまざまな金属鋳造技術を備えています。砂型鋳造、ダイカスト、重力鋳造、精密鋳造などの金属鋳造技術や、金型作成、溶解、鋳造、鋳砂除去、仕上げなどの関連プロセスを含みます。仕上げ製品の種類には鋳鉄、アルミ合金などがあります。したがって、様々なタイプや仕様の建設機械部品の製造を当社にお任せいただけます。鋳造、仕上げ、精密加工、表面処理、組立、試験など、一貫生産の金属加工フルサポートを提供します。

    光隆精密工業は建設機械部品の精密加工を得意としています。鋳鉄、アルミ合金、炭素鋼、ステンレス鋼などの材料を使用して、最適な金属部品の加工サービスを提供します。平面、曲面、溝、歯車、その他の特殊形状に関わらず、様々な加工技術を用いて製造することができます。

    光隆精密工業は、建設機械部品の表面処理サービスを提供しています。液体塗装、粉体塗装、電気めっきなどの表面処理を含みます。工場には、液体塗装設備、懸吊式コンベアシステム、および表面処理プロセス用の排水処理システムが備わっています。また、鋳鉄金属部品の表面に硬化保護層を生成するための軟窒化処理技術も開発しました。多様な表面処理プロセスを統合することで、光隆精密工業での金属形成/加工後の建設機械部品に付加価値加工を提供できます。

    関連記事

    オンライン測定
    CATIA による機械加工の改善
    微小開口の測定方法—画像測定器を例にとる
    合計 3

      オイルポンプのスワッシュプレートは、一般的な切削センターでは対応できない厳しい寸法要件があります。顧客の図面要件に合致するためには、熱処理による硬度向上と研削工程が必要です。三次元計測ではできない箇所には非接触測定が使用されます。

      建設機械は過酷な環境で動作する必要があり、エンジンフライホイールには高温耐性と高強度の要件があります。このような制品の特性に対応して、制造には構造がしっかりしていて、かつ材質が強い材料を考慮する必要がある。優れた組立性能を維持するために、加工面と鋳造面には特に厳しい要件があります。鋳造不良判定基準と平坦度を高い基準で検査し、またプロセスを正確に管理して、精度要件を満たすように表面粗さを制御します。

      建設機械は、高温で過酷な環境で動作することが多く、その中の油圧制御コンポーネントは、上下に移動する掘削機の負荷に耐える必要があるため、油圧シリンダーには比較的高い耐圧能力が必要です。このような製品特性は、構造的に強いダクタイル鋳鉄材料に適して、内部漏れの原因となる鋳造欠陥は許容されません。また、動作安定性を向上させるために、同心度や表面粗さなどの製品加工精度の標準要件は非常に厳しくなります。高精度の機械加工仕様を確実に満たすために、製造プロセスはすべてのステップを正確に実行する必要があります。

    このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件

    オンラインですぐに見積もりと製造分析を入手できます