2023.10.13

WKPTが「油圧ポンプのスワッシュプレートの製造方法」について、特許を取得しました

光隆精密工業は新しい液圧ポンプスワッシュプレート製造技術により、液圧ポンプの機械精度と寿命を向上させ、それにより特許を取得しました

液圧ポンプは多くの産業アプリケーションで不可欠なコンポーネントであり、その動作原理はピストンの往復運動を介して流体を圧縮し、必要な圧力を生成することです。プラントポンプは一般的な液圧ポンプのタイプで、その特徴は高圧の作業環境で適していることです。ただし、プラントポンプの重要な部品であるスワッシュプレートとその上にあるスライドシューは、操作中に摩耗しやすく、これはポンプ全体の性能に直接影響を与えます。

液圧ポンプは高速、高圧、大容量、低騒音の発展トレンドに従い、スワッシュプレートとスライドシューの寿命要求が相対的に高まっています。一部の企業は、スワッシュプレートの表面にシムを追加することで、スライドシューとスワッシュプレートの間の摩擦を低減し、摩耗を減少させようと試みてきました。しかし、長時間の使用では、シムが滑ってしまったり、正確な位置に配置されなかったりする可能性があり、これは液圧ポンプの機械精度に影響を及ぼす可能性があります。さらに、シムを追加することは製造プロセスの複雑さを増加させ、液圧ポンプの製造コストを上昇させる可能性があります。

そのため、WKPTは新しいスワッシュプレート製造技術を開発し、特許を取得しました。スワッシュプレートとスライドシューの間の摩耗を低減し、同時にスワッシュプレートの構造を簡略化するために、製造プロセスが鍵です。プロセス調整により、スワッシュプレートの表面硬度と滑らかさを向上させ、スワッシュプレートがシムなしでも摩擦を低減し、耐摩耗性を向上させることができ、同時に構造を簡素化することができました。この製造技術は、液圧ポンプの機械精度と寿命を向上させるだけでなく、製造コストを削減し、液圧機械設備産業に高い付加価値をもたらす可能性があります。

WKPTは金属加工技術と価値向上に取り組んでいます。特許取得されたスワッシュプレート製造技術はその成果の一つです。多年にわたる金属加工の経験と技術を活かし、交通輸送、産業機械、グリーンエネルギー、高精密機器などの産業の顧客により高い付加価値を提供することを期待しています。