5軸加工

CNC 5軸5面フライス盤と加工技術
  • 5 軸マシニングセンタとターンミル複合加工機の開発は、ますます複雑な精密部品を製造するだけでなく、多角度または負の角度の部品の処理要件にも対応しています。例えばバイオテクノロジー医療部品、半導体部品、航空宇宙部品、特殊合金部品、軍事産業部品など。

    精密部品金型開発用高精度5軸マシニングセンタ
  • 3 軸または 4 軸加工と 5 軸加工の違い

    従来の 3 軸または 4 軸のマシニングセンタでは、主軸、ワーク、ツールの干渉により、一部のワークが加工に影響を与えていました。この時点で、加工プロセスを変更する必要があります。治具からワークピースを取り外し、別の角度で別の治具で加工を続けます。この治具交換のプロセス中に、累積公差が発生する傾向があります。5軸マシニングセンタやターンミル複合加工機は、上記のような状況を回避するように設計されており、コントローラを介して多軸制御をより、機械加工の盲点での切削工具の機械加工能力を補完します。

  • 工具干渉とは、加工プロセス中に、工具の切削経路が工作物に不要な切削 (オーバーカット) を実行することを意味し、これを「工具干渉」と呼びます。
  • 5軸とターンミル複合加工機の種類

    5軸複合機やターンミル複合加工機などの多軸式加工機は2種類に別されます。5 軸が多角度加工が可能で、ターンミル複合は旋削加工が可能ですが、これらの2つは曲面加工ができません。5軸・5面また多面加工機は、曲面加工と彫刻加工を行うことができます。現在、最新の5軸・5面加工機械は、CAD/CAMを使用して工業コードに変換する限り、コンピューターで航空宇宙産業や金型製造産業の曲面加工することができます。

    CNC 5軸・5面加工機により、特殊な角度や複雑なワーク加工を実現できます。また、CNC主軸の馬力アップや、一回で加工範囲が広い正面フライスの大型化により、加工できるのワークサイズも徐々に拡大しています。ただ、ワークピースが極大または極小の加工パターンに向けて加工されるつれて、加工業者は加工精度、工具特性、治具設計においてより多くの課題に直面し、慎重な計画と統合されたプロセスの考慮が必要になります。

    少量のカスタマイズと生産能力引当

    5軸・5面とターンミル複合加工機は、1台の工作機械でワーク加工が完了するため、プロセスを分解する必要がありません。したがって、主に高付加価値のワーク加工で、少量生産とカスタマイズされた加工部品を、たとえば精密ワークプルーフィングや高精度の複雑な部品加工を提供します。一般的なワーク大量生産の場合、お客様の生産要件に合わせて、プロセスを分解し、複数の工作機械を使用して同期加工を行います。

  • 5軸・5面とターンミル複合加工機の自動ロード・アンロード装置

    WKPTは生産ラインの自動化、デジタル化、スマート化設備の構築を続けており、5軸とターンミル複合加工機を導入した後、自動ロード・アンロード システムを計画しています。ロボットアームの自動ロード・アンロードのアプリケーションは成熟していますが、従来の手動ロード・アンロードより、現場の労働力を削減しています。しかし、ワークピースの後処理と組立部品を自動化に実行したい場合は、WKPTの過去の自動化設計と開発能力が非常に役立ちます。

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件