ねじ加工

ねじ切り、旋盤加工、フライス加工、ネジタッピング
  • ねじ加工の原点

    ねじ加工の歴史は産業革命期の英国にまでさかのぼり、18世紀末に登場しました。当時、旋盤による歯切りの基本的な方法が確立されました。現代のねじ加工には、旋盤加工に加えて、フライス盤の加工、ねじタッピング、転造加工、ねじ切り機なども含まれます。ねじは機械工学で広く使用されており、機械部品の接合部や動力伝達によく使用されます。

    ねじ加工は一般的な加工技術であり、WKPTは旋削、フライス加工、タッピング加工サービスを提供しています
  • ねじ加工方法

    WKPTが提供する一般的なねじ加工方法には、ねじ切り旋削、ねじ切りフライス、ねじ切りタッピングの3つがあります。ねじ切り旋削加工は、ワークピースを回転させ、成形工具やねじコーム工具を用いてねじ切りを行う方法で、めねじやおねじなどの少量生産部品の精密加工に適しています。ねじ切りフライス加工は、NCプログラムの補助により、フライスカッターで経路上にねじ切り加工を行うことです。大ピッチのめねじやおねじの少量生産部品の精密加工に適しています。ねじ切りタッピングとは、これまでの旋削やフライス加工とは異なり、開けられた穴(下穴)加工用のタップ加工のことを指します。

    ねじ精度に影響する原因

    ねじは部品の接合や動力伝達に使用され、良好な接続効果と伝達効果を得るためには、ねじの精度が要求されます。ねじの精度は、次の要因に関連しています。

    • クランプ安定性
      ワークをクランプする力は完成品の精度に影響を与え、クランプ力が不足すると位置ズレが生じ、クランプ力が大きすぎると破損の原因となります。
    • 工作機械の剛性
      機械加工時に工作機械が発生する振動を指します。 剛性が高いほど、振動が小さくなり、完成品の精度が比較的高くなります。
    • 工具の精度
      機械加工の精度は、機械加工における様々な材料の特性に大きく関係しています。例えば、材料特性が硬い場合、切削中にねじ工具に多くの損傷が生じます。材料特性の靭性が良好な場合、切削工具に構成刃先 (BUE) が発生し、ねじの精度に影響を与える可能性があります。適切な切削液を選択し、切削液の温度を管理することで、固着の発生を抑えることができます。
    • コントローラーのレベル
      コントローラーのレベルが高いほど、モーションコマンドをサーボモータ、ドライブモータ、機構に正確に変換でき、完成品の精度が相対的に向上します。最適な加工パラメータを設定することで、ねじ加工精度を向上させることができます。
  • ねじ加工の品質管理と検査

    ねじ加工後、ねじゲージ、タップ穴検査器、画像測定機などのねじ検査装置を使用して、各レベルの精密検査を提供します。めねじ・おねじ、長径・短径、ねじ深さ、ピッチ、ねじ角度を検出し、ねじ加工の品質と精度を確保し、お客様に満足いただける精密加工サービスを提供してまいります。

このサイトはreCAPTCHA保護メカニズムを採用しています プライバシーの権利条件