技術

合計 4
    表面処理は、金属製造加工業において一般的で重要なプロセス技術の1つです。環境中の様々な侵食や摩耗は、表面から始まることが多く、表面処理を実施することで、基材材料を表面侵食から保護し、影響を受けることを防ぐことができる。また、表面処理の技術は、材料特性に応じて、様々なオプションが開発されている。
    アルミニウム合金は活性が高く、空気に触れるとすぐに酸化皮膜を形成し、環境による底部の 腐食を防止可能である。しかし、酸化皮膜は自然に発生するものなので、長期間さらされると 必ず錆びになるため、アルマイト処理の実施によるアルミ合金の表面を保護することがよくあ る。例えば、我が社の実績の一つ、医療検査機器向けの6061T6アルミ合金ケーシングは硬質ア ルマイト処理をしている。硬質アルマイトは、通常のアルマイトより膜厚が厚く、表面硬度と 耐食性に優れている。温度/電圧/電流密度などの条件を適切に設定し、処理後の部品表面に膜 厚25μm、硬度HV500の保護層を形成され、ISO10074の規制に適合する。アルミ合金の数多く の工業用途の中、医療分野で求められる軽量、高強度、耐酸・耐アルカリ試験などの要求にも 我が社で対応可能である。

    CATIA は、1980 年代にフランスのソフトウェア設計会社である Dassault Systèmes S.A. によって開発されました。当初は飛行機の製造を支援するために使用されていましたが、その後、自動車、造船、消費財製造など、他の製品設計用途に拡大しました。技術の発展に伴い、CATIA のアプリケーションは航空及び防衛産業、運輸産業、ハイテク産業、産業機器、建設産業、生物医学産業で見られるようになりました。

    当社の精密機械加工ソリューションでは、プロトタイプ、工具開発、機械加工プロセスの段階で設計支援ソフトウェアが使用されます。CATIA が導入された前に、エンジニアによって機械に加工用プログラムをしました。しかし、プログラミングは時間がかかるだけでなく、実用上の制限もあって、例えば曲面加工のプログラムが作成できない。設計効率の向上と制約の軽減を図るため、ソフトウェアから直接プログラミングできるCATIA CAD/CAMを導入し、加工プログラムに変換することで、手作業によるプログラミングの時間と制約を大幅に削減しました。

    当社が提供する精密金属加工ソリューションの1つは、組立と溶接です。溶接というのは、熱または圧力によって金属または他の材料を接合する技術です。現代の溶接技術は 19 世紀末に初めて登場して、その以来、ガス溶接、アーク溶接、レーザー溶接など、様々な溶接方法が登場しました。私たちがよく使っている材料の中で、鋳鉄は伸びが大きいことで知られ、ステンレス鋼は高温や腐食に強く、近年の省エネ化の流れの中、金属材料としてよく使われています。金属にはそれぞれ異なる性質があり、それらを組み合わせることで相乗効果が期待されます。

    例えば、当社のある日本大手企業の顧客から、ヨット推進装置の特別な部品要件を提案し、その部品の接合面は鋳鉄とステンレス鋼です。異材の部品をいかに強固に接合し、実際の現場での使用を通じて、顧客のニーズに応え、このケースをもとに解説していきます。